「今日よりも明日は良くなる」その思いは心に光を灯します

代表 川村 拓也

100歳という長寿の方が増えるなか、老後をいかに生きていくか、考えざるを得ない時代となりました。

みなさん、いつまでも若くいたい、不自由な生活はしたくないと思い、運動や食事が重要と考えて、健康管理に気を配りながら生活されています。

ところが、自分ひとりでは、運動をどうやったらいいかわからない、続けられない、痛くて運動ができないなどの声を聞きます。猫背や、硬い身体のままで体操を行っても、身体の動きが広がりにくいばかりか、故障につながることさえあります。

そこで、身体のメンテナンスと運動を組み合わせた、歩きを強くする12ステップ・プログラムをつくりました。3時間のサービスの中で、リハビリ専門家のサポートのもと、1~2テーマを実施し、3か月間で12テーマのプログラムを実施します。いつまでも元気に歩けるために、カラダに変化を引き起こします。

不活発な生活をしていると、働くべき筋肉が、硬く弱くなり、身体の動く範囲が狭く、痛みが出やすい状態になります。当社では、まず、各個人の状態を手によって診察し、硬くなった部位をゆるめてから、体操等によって、身体の動く範囲を広げていきます。これによって、からだの動きが軽くなり、歩く力が強くなって、外出しても疲れにくい体を目指します。

23年間、理学療法士として5,000人以上の「痛み治療」「運動指導」を行ってきた経験を総動員して、みなさまを親身にサポートいたします。

歩くことにお悩みの方はぜひ当社の「歩きを強くする12ステップ・プログラム」をお試しください。

「今日よりも明日は良くなる」、その思いは、心に光を灯します。


開設者プロフィール

年齢40代、千葉市生まれ、千葉市在住。趣味はゴルフと釣り。ゴルフボールや魚と1対1で向き合うことが好きなんだと思います。リハビリにおいても患者さんと1対1で向き合うことが喜びです。

23年間、理学療法士として様々な患者様を診てきました。「痛み治療」「運動指導」を得意とし、歩けるようになった喜びの声をたくさん聞いてきました。また、人を元気にするために心の奥深くに関与する「心理カウンセリング」のスキルを習得しています。心と体の両面から最新の理論を導入して、皆様を健康に導きます。     

平成8年千葉県医療技術大学校理学療法学科卒業。国際医療福祉大学大学院医療福祉経営管理学修士課程修了、病院7年、リハビリクリニック8年、理学療法士養成校の教員2年、訪問看護ステーション2年、上場企業経営企画室4年、特別養護老人ホームやデイサービスへ約15年間関与。これらの経験を積んだ後、令和元年に合同会社アイ・スタートを設立。

ロゴマーク

アイ・スタートの由来は、「私(アイ)から、始まる(スタート)」という造語で、未来を思い描くことからすべてが始まるという意味をもたせています。

ハワード・サーマンの名言にこうあります。「世の中が何を必要としているかと問う必要はありません。何が自分を活き活きさせるかを問い、それを実行しなさい。なぜなら、世の中が必要としているものとは、活き活きと輝く人々だからです。」

私たちは、安心と信頼によって、みなさまが活き活きと輝けるように、導き・支える事業を行なっていきます。

お気軽にご相談ください TEL 043-445-8700