歩きを強くするミニデイの利用開始

新しいチラシを配布しています。

先週、ミニデイの1人目の利用者さまの利用が開始されました。記念すべき第1歩です。

今回のテーマは、「支える脚をつくる」でした。座っている時間が長い不活発な生活をしていると、膝や股関節が十分に伸びない状態になる方が多くみられます。膝や股関節がしっかりと伸びた状態では、骨で体重を受けてくれるので、それほど支える筋力は必要ありません。しかし、膝や股関節が曲がっていると、体重を支える筋肉に過剰な負荷がかかり、硬くなりやすいのです。筋肉が硬くなれば十分な力を発揮できなくなります。両脚で支えられても、片脚で体重を支えることができなくなれば、歩くことはできません。

私たちはこのような方に対して、お腹の奥の筋肉、大腿部の筋肉、ふくらはぎを包んでいる筋膜を中心に、いくつかのポイントを伸びるようにしていきます。そして次は、歩くとき同様の運動連鎖を考えた運動で筋肉の働きを良くしていきます。さらに、ステッピング運動などで片脚で支える練習を行い、歩行につながる動きの学習を促進していきます。

このようなプログラムによって、来所時よりも、しっかりと歩いて帰れることを目指しています。

次回のテーマは、「足部が柔軟に地面をとらえ、しっかりと支える」と「腰椎・腹部の支持機構を高める」になります。

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA